保証金と礼金の入金

テナ ントが見つかつて賃貸借契約を交わしますと、 賃貸する側の オーナーの手元には、「保証金」 または 「敷金」が入ってきます。この入金はオーナーにとってうれ しいものです。
首都圏や関西地区などでは、オ ーナーは 保証金または敷金の中から 一部の金額を礼金あるいは敷引きなどとし
て受け取ることができます。この部分に相当する金額は、オーナーにとって、当初経費の負担を軽減するための貴重な収入です。 すでに十分おわかりで しょう が、礼金あるい は 敷引きと呼 ばれる仕組みは、将来も続くのかどうか、不透明な面があります。 しかしこの部分はオーナーの取り分であることは違いないのですから、 不動産登記料や不動産仲介手数料などの当初経費と対応させる形で、当初年度の収入として計上すればいいのです。
ただし、「いったん自分の口座に入金されたものだから」というので、礼金ではなく、「敷金」や「保証金」の全額を収入項目に入れるのは“やり過ぎ”かも しれません。「礼金」分だけを収入に入れておけばいいのです

Recommended Reading

Discuss

Your email address will not be published. Required fields are marked *